開幕戦

|

 

 

3月28日(土)
VSフォカッチオ戦

前半 0-0
後半 0-0

0-0

【コメント】

今回はENリーグHPから抜粋。

終始ボールポゼッションで上回ったフォッカッチォだったが、決定機が作れず。一方ウェンブリーはエース藤井をワントップで残し守備を固めカウンターで何度かチャンスを作るもゴールを奪えずタイプアップ。スコアレスドローで両チーム満足のいかない初戦となった。

 

声は出せていた、攻撃の形を作っていく必要性があった。

客観的にみるとこのように見られているようだ。

ワントップは攻撃的にも守備的にもなる。

トップに当てて落して、両サイド、真ん中から飛び出すのを徹底したい。

このブログ記事について

このページは、Yasuが2009年4月21日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「YAMAサウジ到着」です。

次のブログ記事は「2010 EN-LEAGUE 第3戦」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13